oeritnfjg

  1. 精神的な疲れをため易い方
  2. 精神的な疲れを感じ易い方

は睡眠時間が長い傾向にあります。

1日の睡眠時間が9時間以上の方はロングスリーパーに分類されるのですが、
精神的なストレスを感じ易い・ため易い方はロングスリーパーの傾向があるのです。

ロングスリーパーではないとしても、

寝る時だけがリラックス出来る時間だ という方は多いように思われます。

仕事の長時間化によってなかなか心を落ち着かせることができずに悩んでいる方が多く、

リラックス出来るのは一人で部屋にいる時、ベッドの上で寝ている時、

と答える方もいますが、それは少し寂しいように感じるのは私だけでしょうか?

人は寝るために生きて行くのではない

人生の3分の1が睡眠 と言われています。

残りの3分の2を生きるために3分の1を休憩に当てる。
と考えることもできますが、

寝るために働くのか?
働くために寝るのか?

あなたの目的と手段はいかがですか?

寝るために働く
では寝ることが目的で働くことが手段です。

働くために寝る
では働くことが目的で寝ることが手段です。

働くために生きるのか、
生きるために働くのか。
に似ていますが、寝るために働くのは(生きるために働く)少し勿体ない気がするのはわたしだけでしょうか?

ストレスのマネージメントをしなくてはならない

現代社会を生きて行く上で、欠かせないのは、ストレスマネージメントです。
仕事、プライベート、人間関係では必ずと言ってよいほどストレスに晒されます。

私は、ストレスを0にすることはできない
しかしストレスを感じないようにすることが出来る

これが持論です。

同じことでもストレスに感じるひとも居れば、ストレスに感じない人もいます。

受け取り方を変えることも大切ですし、
体の免疫力を上げることでもストレスへの耐久度を上げることができるわけです。

免疫力を高めるために有効なのは睡眠です。
睡眠の質を上げて行くことで、体と心の疲れを取り易くし、回復し易い体を作ることができるでしょう。

しかしストレスを軽減する、ストレスに強くなるためには睡眠だけではいけません。

普段から
あなたが楽しいと思うこと
あなたが生きて来て良かったと思われること

を経験していかないと本当の意味で人生を充実させることはできないのではないでしょうか?

睡眠以外の趣味を見つける

寝る事は至福の時と感じるひともいますが、

寝ているときは意識はないので、幸せを実感出来ることは本当の意味ではできません。

ストレスを軽減させることや、ストレスを解消させる行為を睡眠以外で見つけてみてはいかがでしょうか?

時間は3つに分けられる

bubuw
主に時間は3つに分けることができます。

  1. 投資
  2. 浪費
  3. 消費

仕事、家事、睡眠、食事は消費の時間です。

1日の残った時間を出来れば「投資」に使いたいですよね。

浪費はリターンがないもの
投資はリターンがあるもの

です。

睡眠も必要不可欠なので、消費に当たります。

このような時間管理をしながら、あなたがやりたいことに積極的なチャレンジをしていくことは大切なことです。

寝るために生きる
生きるために働く

ではなくて、
もっと人生を豊かにする活動に力と時間を使ってみてはいかがでしょうか?

寝ることを唯一のストレス解消法だとすると、少し人生を楽しめていないかもしれません。

  1. 人とコミュニケーションをとってみる
  2. いままで逢ったことがないような人と話してみる
  3. いままで行ったことがない場所に行ってみる
  4. やりたいな!と思ったことに積極的にチャレンジしてみる

あなたがウキウキ、ワクワクする体験ってどのようなことですか?
それを月に1回はしていますか?

人間の活動をコントロールしているのは、脳の前頭前野という部分です。

この部分は「ウキウキ、ワクワク」を感じると活性化していきます。

逆にこの部分の活動が低下すると、
マイナス思考に成ったり、非活動的になったり、読み・書く・話すの能力も低下して行きます。

⇒不眠症を緩和させるために「脳トレ」して前頭前野を鍛えろ!

ストレスを解消させていくためにも、
あなたがこれまで体験していないことを体験してみたり
あなたが心から楽しいと感じることに積極的にチャレンジしてみてはいかがでしょうか?