wertyu

不眠症を改善したり睡眠の質を上げて行くために

健康的な生活を送ることは大切なことです。

睡眠のリズムを整えたり、食事や飲み物に気を配ることも大切なのですが、
もっと基本的なことでかなり重要なこともあります。

睡眠のテクニックはこのサイトの記事でもお伝えしていますが、
人とのコミュニケーションを大切さを改めて今回お話ししていきたいと思います。

脳を刺激することができる

人間の意識的な活動・思考・行動はもちろん無意識的な活動も脳がコントロールしていますよね。

もちろん睡眠も脳がコントロールしています。

この脳の活動が低下してしまったら、生活に支障が出ることもありますし、
心の病に悩まされることにも繋がるのです。

現に不眠症に悩まされている方は体・精神・神経のバランスを崩し易くなっていることも明らかになっています。

脳の前頭前野を鍛えることで、ストレスにも強くなりますしリラックスするべきときにリラックス出来るようになります。

⇒不眠症を緩和させるために「脳トレ」して前頭前野を鍛えろ!

前頭前野は人と話すだけでも活性するのです。

あまり外にでない、人と逢わない方はストレスを溜めてしまう傾向に成ることも解っています。

  • 共感度が上がり人の気持ちが解るようになる
  • 忘れてものがなくなる
  • 孤独感が無くなり幸せに感じるようになる
  • 幸せに敏感になる事が出来る
  • 活動的になる
  • エネルギーが湧いて来る
  • いつもとは違った日常を感じることができる
  • 辛い気持ちを感じにくくなる
  • 過去に囚われず、未来に生きれるようになる

脳を鍛えることで前向きになり、人生を主体的に生きれるようになります。

脳が衰えて来ても、自覚することはあまりありません。
しかし鍛えなくてはどんどん思考力が下がってきますし、人生を楽しむ事が難しくなってしまうのです。

自分ひとりだけではなくて積極的に人とコミュニケーションを取ることで
睡眠の質も上がって行きますし、不眠症に悩まされることもなくなっていくはずです

表現することの楽しさを知る

gf01a201503220100
話すことは表現すること

人間の脳は右脳と左脳に分けられるのですが、表現することはこの両方の脳を刺激することができるのです。

普段たまっている鬱憤やストレスも
「吐き出す」ことで身が軽くなるはず。

吐き出すという行為は非常に大切なものですからね。

なにも汚いものを吐き出すのではなくて、
自分の思っていることや楽しかったこと、嬉しかったこと、何気ない日常を吐き出すことが

表現することなんです。
表現することで改めて自分の気持ちに気づくこともあります。

人とコミュニケーションをすることは意思の疎通をすることです。

コミュニケーションをしながらどんどん「表現」していってください。

表現はなにも話すだけではなくて、行為によっても表現されます。

相手の話にうなずく
身振り手振りで自分の気持ちを表す

ことも表現です。愛情表現として頭をなでることや頬に触れることも表現です。

あなたは最近「表現」をしていますか?

表現をすることで間違いなく脳は活性化していくはずです。

ネガティブな話ではなくて明るい話をする

人とコミュニケーションをするときには、
ネガティブな話やネガティブな表現はしないようにしましょう。

いつも愚痴ばっかり言っていると相手は退屈してしまいますし、

誰に嫌なこと、辛いこと、ストレスが溜まることはしたくないですよね。

ネガティブな言葉を吐き出す方はストレス解消に成って良いかもしれませんが、聞き手役は疲れてしまいます。

コミュニケーションの相手が楽しくなるような
興味を持つような話や表現をしていきましょう。

いつも明るい話、未来の話をするようにしてくださいね。

いつもとは違った人との交流を大切にする

bubunwiga
普段は逢わないような人とコミュニケーションをすることで
世界観が広がったり、新しい発見を見つけられるはずです。

普段逢うメンバーではなくて、自分の価値観とは違う価値観の人と話すだけでも刺激的に感じることができます。

今の時代はsnsが発達しているので、snsを見ればどこかで毎日交流の場が開かれているはずです。

「自分がこんな場所に行っても良いのかな?」と思わずにどんどん外にエネルギーを放出していきましょう

不眠症や睡眠障害に悩まされているとどうしても自分の感情が内側に籠り易くなってしまいます。

不安・悩み・恐怖・いらつき・情緒などのマイナスな気持ちを内に込めるのではなくて、

プラスの感情にしてみてはいかがでしょうか?

新しい出会いは新しい発見です

殻に籠るのではなくて、もっと自分らしく表現して行ってはいかがでしょうか?

話すだけではなくて、聞き役にもまわる

最近は「話すコツ」や「正しい話し方」の本が流行っていますが

コミュニケーションの基本は「聞く」ことです。

相手の話を聞き、その話に共感する

これはコミュニケーションなんです。

キャッチボールをするときに、自分がずっとボールを投げ続けることはできませんよね。

自分が投げたボールが相手に届き、相手が自分のところへボールを投げ返す。

これがキャッチボールの基本ですし、コミュニケーションの基本です。

話すことが好きな方は聞き役にまわることも大切し、
話が苦手な方もなにも心配しないでくださいね

実は話べたの人の方が印象良く思われることもありますよ。

まとめ

  1. 睡眠テクニックだけではなくて、根本的なことを大切にする
  2. 脳を刺激することができる
  3. 表現することの楽しさを知る
  4. いつもとは違った人との交流を大切にする
  5. 話すだけではなくて、聞き役にもまわる

いかがでしたでしょうか?

最近あまり人と逢っていない、逢う人はいつも決まっている 方はぜひ参考にしてみてくださいね。

睡眠のテクニックも大切ですが、
人とコミュニケーションを取ることで気分も明るくなるはずです。