gf01a201503220100

  1. 朝が辛くて全然起きることができない
  2. 仕事の残業で帰宅が遅くなり、結果的に寝る時間が短くなって朝が辛い
  3. 自分のプライベートと仕事のバランスの取るのが難しくて生活リズムが乱れている
  4. 寝る時間はたっぷりあって、寝ているのに疲れが取れず朝が辛い

睡眠の問題は人によって違うので様々の問題と原因があると思います。

しかし、共通して言えるのは「朝が辛い」ではないでしょうか?

辛さがもたらす連鎖とは

gf01a201503230100
朝が辛いと起きることが難しくなる

起きるのが難しいとストレスが溜まり、元気がでない

元気が出ないと仕事やプライベートを充実させることができない

充実させることができないとストレスが溜まり精神的に辛くなる

精神的に辛くても結果的に夜寝れなくなり、もっと朝が辛くなる

こんなサイクルに悩まされてはいませんか?

生活習慣が乱れたり、朝に元気がないと

自分に自信を持つがことができなかったり、ストレスを抱えてしまう原因となります。

集中力が欠ける
精神的に不調を感じ易い
視神経の疲れを取ることができない
顔色が悪くなる
肌が荒れ易くニキビが出来易い

心と体に大きく睡眠は関係しているといえますね。

ゴールデンタイムは非常に貴重な時間

朝はゴールデンタイムと言われていますよね。

1日の疲れが取れてすっきりしている朝は

1日の中で一番生産性を生み出してくれる時間帯なのです。

体の体力もマックスですし、集中力が一番出やすいので新しいものにチャレンジするのにうってつけの時間

しかし、朝が辛い!と感じてしまうのであれば昨日の疲れを引きずったままの状態です。

それではなかなか元気を出すことができず、生産性も下がってしまいます。

時間に対する意識が変わって行くと、行動が変わり、あなたが思う理想の自分に近づくことができるはずです。

脳の働きが活性化している朝を元気に迎えられるように心がけることが大切なのです。

朝すっきり!は誰にでも訪れる

20151016173517
たとえ今朝が辛かったとしても一時的なものだ というのは認識しておきましょう。

というのも生まれたときは、皆夜はぐっすり朝はすっきりしていたはずです。

赤ちゃんのときから睡眠に問題がある人はほぼいません。

朝が辛いと感じるのであれば、1日の中でなにかしらの原因があるわけです。

その原因を見つけ出し、それを解決することができたら

快適な夜、すっきりとした朝を迎えることができるはずですからね。

朝に悩んでいる人は全体の20%

とある調査によると朝に不調を感じている人の割合は全体の20%だと言えています。

しかし中には自覚症状がないだけで、朝に不調状態に成っている人は極めて多いんです。

不調に感じるか、快適に感じるか、は人の感覚によって異なりますからね。

そう思うと全体の30%から60%は朝までにエネルギーをしっかりと補給出来ないと考えることができます。

悩んでいるって多いんですよねー

悩みの深刻度は人によってこれも異なりますが、

仕事の生産性を上げることができないだけではなくて、事故にも繋がりかねません。

最悪の事態に成りかねないほど危険な状態になっている人は多いと思います。

朝がすっきり感を味わうことができないとたくさんのデメリットがあることがわかったと思います

朝を制するものは人生を制する

ちょっとこれは言い過ぎかもしれませんが、

的を得ている格言だと思います。

朝元気が出ると1日を活動的に過ごすことができますし、エネルギーが充満しているので

夜になっても自分の好きなことや趣味に時間を使うことができるでしょう。

資格の勉強やなにかにチャレンジしようと思っている人も精神的に前向きになれますし、

集中力が続くので目標を叶え易くなります。

いまこれを見ているあなたはきっと朝辛いなーと感じていることでしょう。

もし1日を活動的に過ごすことができ、

自分の好きなことができるようになるとしたらあなたはなにをしますか?

想像してみてください。

朝を快適に過ごすことであなたが望んでいるものが手に入るならそれは良いことですよね。

ここで、大切なことは

失ってしまっていることが多い と認識することです。

朝が辛いと思うならそれを解決して行きましょう!

⇒自分に適した睡眠時間の見つけ方!就寝時間を守りながら探して行きましょう

まずはあなたのベストの睡眠時間を理解することから始めて見てくださいね