oiujyhgf
芸能人の方は生活が不規則になりがちです。

有名な芸人さんが司会を行っているバラエティー番組の収録は基本的には夜からありますし、

収録が長くなると朝になってやっと仕事が終わり、その後飲みに行くこともあります。

また地方にロケーションがあるといつもとは違う環境で生活をしないといけないのでストレスも掛かってしまいますよね。

特に売れっ子のタレントは睡眠時間が3時間もないほど忙しくなったりもするようです。

では、忙しくて生活のリズムも乱れ易い芸能人の方はどうやって

睡眠を確保しているのか、寝れない生活のなかでも肉体を回復させリフレッシュしているのか?
芸能人の睡眠テクニックを説明していきたいと思います。

不眠症を患っている方や、昼夜逆転してしまう方はぜひ参考にしてみてください。

睡眠時間を総合で考える

tumblr_nouyo3RR8H1ta0hnbo1_1280
一般の人であれば寝る時間と起きる時間を固定することができますよね。

仕事をしている方は平日の朝6時起きて、夜の11時、12時に成る生活になると思います。

休日になると朝起きる時間はまちまちかもしれませんが基本的には寝る時間は一定に成るはずです。

では生活な不規則な芸能人はどうやって一定の睡眠を確保しているのか?

芸能人は睡眠を総合時間で考えているのです

つまり、何時から何時まで寝る

というのではなくて、1日に◯◯時間は寝る。と考えており
まとまった睡眠が取れない場合は1日の間で隙間時間を活用してこま目に寝ているのです。

⇒流行の分割睡眠!睡眠は総合時間で考えろ! 不眠症の人にはお勧め出来ない?

どんなに忙しいとしても、移動時間、待ち時間などの隙間を利用して寝ているのです。

睡眠は基本的には寝貯めをすることはできません。

しかし寝ていない時間、足りていない睡眠時間をリボ払いのように一括または分割で寝ることで解消することができます。

貯金はできないけど借金は返済出来る
tumblr_nnc5a0GJTI1teue7jo1_1280
足りない睡眠時間を隙間時間や休日で返済するようにすることで健康的に過ごすことができます。

昼寝をする

昼寝の効果はかなり実証されてきており、

15分の昼寝は夜の睡眠の2時間分の効果に匹敵する とまでいわれています。

睡眠時間がなかったとしても15ー20分くらいの昼寝を心がけることで
体と精神をリフレッシュさせることができるわけです。

どんなに忙しかったとしても1日中元気でハツラツとすることはできません。

だからこそ、スイッチを切る時間をあえて作っているのですね。

睡眠には体・心・神経を休ませる効果があります。

なので効率良く休ませることを意識して行かなければならないわけです。

そういった意味でも短い睡眠時間でかなりリフレッシュ出来る昼寝を生活に取り入れてみてはいかがでしょうか?

瞑想をする

bybuwa
外資系企業でも瞑想を取り入れていることも多いようですよ。

  1. 首・肩の上半身をリラックスさせる姿勢を取り
  2. 下半身は大地に根を張るようにしっかりと両足を地面(または床)に付け
  3. 呼吸は鼻から吸い、口からだし
  4. 目を瞑り
  5. なにも考えず、呼吸に集中する

瞑想をすることで脳の疲れを取ったり集中力や体の免疫力を高めることができます。

生活が不規則だとストレスを感じ易くなるのですが、瞑想をすることでストレスに強い体・心を手に入れることができるわけです。

実際に瞑想をやるために必要な時間は5分。

忙しい毎日だったとしても5分程度の時間はありますよね。

芸能人の方も瞑想を取り入れている方も多く、その効果は徐々に認知され始めています。

⇒不眠症はたった5分の瞑想で解決できる? 健康的な生活を支える瞑想の勧め

睡眠グッズを持ち歩いている

gatag-00012999
遠征や地方ロケではホテルで寝ないといけません。

いつもとは違った環境だと自分の睡眠のリズムを整えるのが難しくなってしまいますよね。

なので

  1. シーツ
  2. パジャマ

などの睡眠グッズを持って遠征や地方ロケに行かれる方も多いです。

移動のバス内だけで睡眠を取らないといけない場合は、
座ったままでも快適に寝れる首を固定するグッズを使用している方も多いですね。

大切なのはいつもとは違った環境でも同じように休息を取ること です。

自分の部屋と同じような睡眠を取るための工夫をしていかないといけませんよ。

独自のおまじないがある

寝る前に

  • コップ1杯の水を飲む
  • ホットミルクを飲む
  • 軽くストレッチをする
  • パジャマに着替える
  • 好きな香水の香りを楽しむ

このような入眠儀式を取り入れている芸能人は多いです。

寝る前のこのような「儀式」を行うことで

時間や場所に関係なく脳に「これから寝るんだよ」と暗示をかけることができます。

「お!そろそろ寝る準備にはいらなきゃ」と脳が思い込むことで
リラックスしている脳波(α派)に自然と切り替わって行きます。

特に生活リズムが乱れる方はいつ寝るのか不規則なために

寝るまでの時間が掛かってしまいます。

この寝るまでの時間・入眠時間が長くなればなるほど睡眠の質は低下していくことは解っているので

入眠時間を短くするために、寝る前に「儀式」を行って脳を休めるのです。

「儀式」は普段から条件付けてやっていかないといけませんよ。

まとめ

  1. 睡眠時間を総合で考える
  2. 昼寝をする
  3. 瞑想をする
  4. 睡眠グッズを持ち歩く
  5. 独自のおまじないがある

いかがでしたでしょうか?

芸能人の方のように生活が不規則だったり、

いつもとは違った環境で寝なくてはいけないことが多い方はぜひ参考にしてみてくださいね