まずは・・・

a85054fa31f68e32dbd8b3467280e9df
ナルコレプシーはれっきとした睡眠障害です。

日本人の約500人に1人がこの病気に悩まされていますが多くの患者は10代に分類されますが、近年中高年者の患者も増えて来ているようです。

「夜寝ているのだけれども、日中に激しい睡魔に襲われる」

そんなあなたにはどんな仕事がオススメなのでしょうか??

周りに理解がないと辛い・・・

ナルコレプシーで悩まされており、日中に気がついたら寝ていた・・・

なんて経験をあなたはしたことがあるのではないでしょうか??

非常に残念なことにこれだけの多くの患者がいて酷く悩んでいるにも関わらずこの病気の認知度が低いです。

「ナルコレプシー」と言っても「え??なにそれ?夜寝れば良いじゃん!」なんてことを言われた経験がある人も多いのではないでしょうか??

悲しい事に同じ仕事をしている人や人事に怠け者だと低い評価をされかねませんし、実際に職務を全うしていないとして、解雇されたケースもあるのです。重要な会議で寝てしまっては格好がつかないのは確かに仕様がありません。

なので、比較的に時間を自由に使える「自営業」をあなたが選ぶ事が出来れば選ぶのが無難でしょう

くれぐれも絶対に乗り物を運転する仕事は避けてください。

ナルコレプシーの睡魔は本人の意思でどうにかなるものではないことをあなたに御伝えしておきます。さらに眠くて「立ったまま寝てしまい、ガク!!」としてしまう事も在るので、

高いところへ登る仕事をしている人は特に要注意です。気がついたら睡魔が襲い、足を踏み間違えて落下してしまう恐れも大いに在ります

病院で診察を受けることを最優先

日中に睡魔が襲って来る場合は、きちんと病院へ行き、しっかりと診察をしてもらってくださいね。

さきほど自営業が一番良いとは言いましたが、会社勤めの方も多いでしょうし、そう簡単には自営業になることはできません。

しっかりとナルコレプシーだという診断を受ける事で仕事場の理解を少しだけしてもらえる可能性もありますし、なんと行っても仕事をする際に重要なのは「職場環境」です。

どんなに一生懸命働こうと思っても昼間に寝てしまったら印象の低下は避ける事が出来ません。

なので周りへの理解が進むように図る事をお勧めします。

ナルコレプシーを解決するには上質な睡眠を取る事が必要不可欠になってきます