関係は現在のところ認められていない

causes-of-adhd-400x400
関係性は認められていませんが、併発することもあります

ADHDは注意欠陥多動性障害ですが、

  • 不注意
  • 多動性
  • 衝動性

異常のような症状がみられる人のことを指します。

ナルコレプシーは夜に寝ているにも関わらずに日中に激しい睡魔を感じて寝てしまう睡眠障害のことをいうのですが、ADHDとナルコレプシーの関係性については現在の医学では解明されてはいません。

以前はリタリンという薬がADHD患者にも処方されていましたが現在は処方されていませんね。このリタリンはナルコレプシー患者にも処方されていましたが、同じ薬を処方されたかと言って

両者に関係性が認められるというわけではありません。

ADHDの症状のひとつに睡魔が襲って来ることもあるのですが、だからと言って簡単にナルコレプシーだと診断する事もできないですし、

ナルコレプシー患者は「精神病」に罹りやすいのですが、ADHDのような症状が見えたとしてもそれは簡単に診断する事が出来ません

もしあなたがADHDを患っていたとして、

  • 睡眠を取っているにも関わらず昼間に眠く成る
  • 入眠時に幻覚をみることがあり、金縛りも経験した事が在る
  • 歩いているとき、立っているときに一瞬眠ってしまう事が在る

上記のチェックボックスにすべて当てはまった場合はナルコレプシーを患っているの可能性があるので精神科へ行き、医者に診断してもらうと良いでしょう