解答者の写真
今回はリタリンの副作用についてご説明します!以前は覚醒作用が強いのでナルコレプシーの専門薬として認知されていました。

乱用の注意

img5f8e447bzikbzj
リタリンは昼間に突如に寝てしまう・睡眠時に幻覚症状を見るナルコレプシーや鬱病の患者に1958年から処方されるなりました。向精神薬としてたくさんの患者さんに処方されてしましたが、

しかしこの薬は「依存性が強い!」とたくさんのお医者さんたちが警鈴を鳴らしていました。

リタリンに手を出す=覚醒剤を使うこと

と同じ意味合いだとして言われるくらい依存が強い薬です。

今現在では処方や個人間での転売は薬事法で規制されています。乱用が目立ち、用量を守らない患者さんがあまりにも多かったことが伺えます。

解答者の写真
自分はナルコレプシーだと偽って、病院からリタリンを処方してもらう人も多かったです。それを副作用で依存症になってしまった人に高く売りつけるブローカーは今でも多く存在もしています。

どんな作用なのか?

6433448
中枢神経を刺激する薬ですが、適量を飲まないと以下のような副作用に見回られることがあります

  • 眠りが浅くなり次第に眠れなくなる
  • 動悸や息切れをするようになる
  • 不整脈が続く
  • 風邪を引きやすくなる
  • 皮膚が弱くなってしまい、少しのことでも赤くなったり皮がむけたりしてしまう

と言った副作用があります。

これは身体の中で「抗体」が作られて行ってしまうので、適量が次第に適量の範囲内に収まることができずに意識的にではなく「本能的に」薬を求めてしまうようになるのです。