ナルコレプシー患者に多い

201409_2
あなたは仮眠障害に悩んでいますか??

夜もしっかりと寝ているのにも関わらず昼間に眠く成ってしまうのはナルコレプシーという病気です。昼間に眠く成ってしまう病気は10代や20代といった若者に多くストレスを感じやすくそしてストレスに弱い人に罹りやすい病気なのです。

猛烈な睡魔に襲われて、気がついたら歩いているときでも眠ってしまう!なんてことありませんか??

これは立派な仮眠障害の症状のひとつですね。他にも

  • 横になってから睡眠までに時間がかかってしまう
  • 寝た感じがせずいつも体調が優れない
  • 金縛りや現実に近い幻覚を睡眠時にみることがある

といった症状を感じていませんか?仮眠障害だけではなく上記の症状を感じているのであればナルコレプシーという病気だと診断されるでしょう

睡眠が浅いのは問題

睡眠が浅いということはしっかりと脳が休息することができていないために疲れやすく、とっさの眠気が襲ってきます。

睡眠をしすぎる人は睡眠の質が低いということを表しているのです。あなたはよく夢を見ますか??

夢はレム睡眠中に起こるのですが、人間の睡眠は質の低い、高い睡眠を交互にとっているのです。夢は主に質の浅い睡眠時に見るのですが、夢を見ることが多いというあなたは同時に睡眠の質が低い!

ということを表してしまいます。

日常生活でストレスが罹る場面が多かったり慣れていない環境に飛び込んで行くと身体のバランスをどうしても狂いにくくなってしまうのです。

そうなってしまうことが仮眠障害を引き起こしてしまうのですよ!