不眠を対策するために太陽光を浴びる必要性があります!。今回は太陽光を浴びるとどんな作用が働くのかを丁寧に解決して行きますね!!

人間の体内時計とは

image159
不眠を治すためのメカニズムをご説明します。

まず人間の体内時計というのは実は24時間ではなく、25時間なのです。

ゆえに体内時計を調整しないと「時差」が発生し、眠くなるのが夜遅くなるになってしまうサイクルになってしまうのです。

ではなぜ人間の体内時計は25時間なのでしょうか??そこで関係して来るのが「メラトニン」という物質です。このメラトニンは寝て起きた時にはまだ分泌されているので、この物質の分泌をストップされる必要があります。

そこで登場するのが「太陽光」なんです。

セロトニンとは?

guide-mathclock
太陽光を浴びる事で→メラトニンを減少されることができ、「セロトニン」を代わりに分泌させるようになります。このセロトニンは交感神経を刺激するので脳がすっきりとした感覚になるのです。

よく晴れた朝に眠くても通勤、通学するために歩いているとすっきりとした感覚になりますよね!それはセロトニンのおかげというわけなんですよ

逆に太陽光を浴びないと体内時計を上手に作用されることができず、夜型の生活になってしまいがちです。

さらに夜型の生活だとさきほどご紹介した脳内物質が分泌されにくいために、Iqが昼型の生活をしている人と比べてると「低い」という科学データもでているんですよね〜。

交感神経を朝に動かす事で朝に分泌をストップさせたメラトニンが夜に分泌されるようになるで、ぐっすり寝られるようになる!というメカニズムというわけです。

なるべく6時に起きる

graph31
ちょっと朝の6時に起きることは難しいという方は遅くても7時30分には起床し、カーテンを開けてピカピカの太陽光を浴びる事で徐々にですが、不眠を改善していくことができます。

起床してから約15時間後に睡眠物質であるメラトニンが分泌されるので朝の6時に起床すれば21時には眠くなってきます。

解答者の写真
人の体内時計が25時だということは知らなかったのではないでしょうか?太陽光を浴びないと徐々に生活リズムが狂って来てしまいますよ!