質を高めることを意識する

top_m
人間の理想的な睡眠時間は7時間です。

寝る間も惜しんで仕事や勉強に打ち込むときにどうしても寝る時間がない!という事態に陥ってしまいますよね。

あまりに短い睡眠を私はあなたにお勧めすることはできませんが、寝る時間がなくても起きたときにすっきりとできるような快眠の方法を今回はあなた御伝えします

身体を心から温める

寝るときに身体を温めた方がよい!ということはあなたも一度は聞いたことがあるのではないでしょうか?

ではあなたはどうやって身体を温めていますか??効果的なのはお風呂に入り湯船に浸かることです。

しかしここで注意してくてはならないのは、熱すぎるお湯には入らない!ということなのです。

40度に近いお湯は確かに身体を温めるのですが、それは体の表面を温めているにすぎません。なので、お風呂の温度は36、37度に設定すると効率良く、芯から温めることができます。

寝る時間がない場合は寝るときに頭を濡れたタオルで温めると良いでしょう。これによって交感神経を沈め、副交感神経を活性化させることができるので、横になってから実際に入眠するまでの時間を短縮することができるのです。

入眠までにかかる時間を短縮させることができれば質の高い睡眠を取ることが出来るように成りますよ!!

しっかいと朝に太陽光を浴びる

寝る時間がないとしてもしっかりと朝に太陽光を浴びる必要性があります。それによって脳内でメラトニンという物質を発生させることができるのです。

このメラトニンは夜に成るとセロトニンに変化し、それが人を深い睡眠へと導くのです。寝る時間がなくてもしっかり太陽光を浴び手下さいね!

リラックスする時間を作ることも大事

keirstenmarie-640x395
緊張とストレスはあなたの肉体、精神の両方を悪化させる恐れが在ります。1日の疲れを取るのは睡眠が一番なのですが

寝る時間がないほどに忙しいあなたもリラックスできる時間を取ることを私は強くお勧めします。ただでさえ短眠は人を疲れやすくしてしまうので、そこでブレイクタイムを挟むことで緊張やストレスからあなたの身を守ることが出来るように成るのです。