体内時計が狂ってしまうと休みの日にお昼までぐうたら寝てしまったり、仕事なのに全然頭が働かず精神的にも辛くなってしまいますよね

今回はその原因と体内時計が狂ってしまったときの症状についてご説明して行きます。

生活習慣の乱れ

16625161902f8afbf6d6cd4384d148fb

  • 運動不足
  • 不規則な生活
  • 食事のかたより
  • 睡眠不足

これらのチェックボックスのひとつにでも該当してしまうと、体内時計が狂い、不眠症や質の悪い睡眠になり、最悪の場合「過眠症」や日中に気がついたら眠ってしまう「ナルコレプシー」に罹ってしまいます。

生物にとって睡眠は命を生きること・命を授かることという面に置いて重要な役割を担うのでしっかりとした熟睡を手に入れる必要があります。

人間の行動を意識的に行われているものと無意識的に行われているものの2種類に分けてみると、

「意識的な行動が5%、無意識的な行動が95%」

に分けられているんです。睡眠はもちろん無意識的に行われていますが、それが上手くできないと他の「行動にも支障がキタす」ことが考えられます。

発ガンリスクが高くなる

img_319443_5318438_0?1336707900
無意識に行われる睡眠に微妙なズレが生じると、呼吸、心臓の血流、脳の働き、神経の伝達などわたしたちの命を維持する装置にも微妙にズレが生じてしまい、

それが

  • 生活習慣病
  • 発ガン
  • 無呼吸症候群
  • 太りやすくなる

に罹ってしまうリスクが非常に高くなってしまうのです。

人間は他の動物とは違い、本能だけで生きているわけではありません。きちんとした理性があるのです。

しかし、生命を保てなくなる・保つのが難しくなるとその理性がしっかりと働かなくなることや理性というブレーキが効かずに本能のまま行動してしまい、人を傷つけてしまうこともあります。

解答者の写真
しっかりとした深い睡眠を取る事で人生を豊かにできるといっても過言ではないのですよ!

女性の医者
では狂ってしまった体内時計をなおすためにはどうしたらよいのでしょうか???