rsadbhmtsxl77qlteuyobrwchz-4-fce-_ylta2rivcf1ogvypzyaxheu3uv7
物事の考え方が睡眠に直接影響している!
と聞いたらびっくりしますか?

眠れない原因を探って行くと

  1. 必要以上に眠ろうとするために眠れない
  2. 睡眠を取る時間が一定ではないために眠れない
  3. 悩み・不安・恐怖心・ストレスなどの心的な悩みによって眠れない

この3つに分けられるのですが

多くは「3、悩み・不安・恐怖心・ストレスなどの心的な悩みによって眠れない」人です。

心的な悩みを抱えているとリラックスする事が出来ないために

交感神経が活性化し、副交感神経が優位にならないので眠れません。

だからこそ、悩みを引き起こさない物事の考え方を身につけることは不眠を解消させ、快適な睡眠を取るために大切だといえるでしょう。

完璧主義をなくし、自分を認める

完璧主義で、なんでも自分でやろうとすると壁に打ち当たり、悩んでしまうことがおおくなります。

真剣でまじめに生きている努力家の人は不眠に悩みやすいというデータもあるのです。

完璧主義者は時として高い評価を得ることができますが自分のペースで物事を進めていかないと本当は休んでも良い時に休めず、無理に頑張ろうとするのですよね。

もちろん人生において人より頑張ることも大切ですが
無理をしすぎて心身を疲れさせてはいけません。

逞しく生きる人ほど悩みを抱える傾向にありますので

ときには「頑張らない自分を認める」大切さを理解していきましょう

人と比べない

人と比べる考え方もよくありませんね

人と比べて自分と他人に優劣をつける考え方は控えるべきです。

得意、不得意は人によって異なりますし、

人と比べる性格の方は他人よりも劣っている部分に目がいきがちです。

「なんで自分はあのひとよりもだめなんだろう」
「なんで自分は頑張っているのに認められないんだろう」
「あの人はこういうところは凄い!でもそれに比べて自分は・・・」

と思うときりがなく、あなたの良い部分まで悪く見えてきてしまいます。

また人によって幸せの定義は異なりますよね!

例えばお金だってそうです。

年収1000万円稼ぎ、高いマンションに住み高級な車に乗っていたとしても

心が満足である!とは限りません。

社会から見た成功の影を追うのではなくて、自分にとって本当の幸せを考えて
自分の基準で生きていくことの大切なのではないでしょうか?

誰かと繋がっていることに感謝をする

家族、友人、会社の人、学校の人

人は一人では生きてはいけません。

社会の誰かと繋がっています。この繋がりを軽視してはいけません。

あなたの存在は誰かのおかげで成り立っており、あなたのおかげで誰かは成り立っているのです

マイナス思考に陥っていると、こういった関係性を無視して自分ばかりが辛いのではないか?

と考えてしまいます。

自分が一番辛い と考えるのではなく、もっと前向きに

自分を支えてくれる人、自分が支えている人のことを考えてみてはいかがでしょうか

生まれてきたことに感謝をする

マイナス思考だと物事すべてが悲観的にみえがちです。

だからといって、ふざけたことを考えるのは辞めましょう。

私たちが生まれてきたということはお腹を痛めて産んでくれた”存在”がいるはずです。

私は小さい頃に両親の仲が悪く、愛情を感じずに育ってきました。

でも私がいま存在しているということはそれを”支えてくれた人”がいます。

例え過去が辛かったとしても
その自分の元に感謝の気持ちは忘れていません

生まれてきたことには意味があり、悩んでいたとしても悩むこと自体に意味がある!と考えてみてください

まとめ

unuwa
悩みやストレスを抱えてしまう人は非常に真面目で生きていることに一生懸命な方が多いです。

しかし睡眠にまで影響を及ぼしてしまうほど悩む必要は実はありません。

時には十分に休息を取りながら自分のペースで歩むことが大切なのではないでしょうか?

考え方ひとつで視界が広がりますし、健康的な生活を送ることができると人生はもっと充実していきますよ