女性の医者
睡眠と体重の関係性についてご質問を頂いたので今回はこのテーマをご説明していきたいと思います!

「え?」そんなの関係あるの??と思っている方はびっくりされると思いますよ!

眠ることとホルモンバランス

img_illust-09
適度な睡眠にはさまざま効果があります。ホルモンバランスを整えたり、皮膚の細胞を新しくする活発な活動が私たちが眠っているときに行われたりもします。

よく言われるのが、夜の10時から2時まではゴールデンタイムと呼ばれ細胞の若返りがより活発化するです。

そして睡眠時間が短いとレプチンというホルモンが減り、グレリンというホルモンが増えるのです。

ダイエットに敏感な方は聞いた事があるかもしれませんが、レプチンは満腹感を感じされる・グレリンは空腹感を感じさせるホルモンなんです。

ということは睡眠が短いと食欲が旺盛になり、結果的に体重が増加してしまうことを招いてしまうのです。

新陳代謝との関係性

2013125280043
新陳代謝が低下してしまうと汗を掻きにくくなり、身体の老廃物の分泌や血流の流れが悪くなるので顔がむくんでしまったり肌が乾燥しやすくなってり、と悪い事だらけなんです。

睡眠時間が短いとその新陳代謝が悪くなってしまい、体重が増えてしまうことにも繋がります。

体を動かす事で脂肪は燃焼されるのですがその効率が下がってしまうので、体重を落としたい!と思いダイエットをしても高い効果は望めないでしょう。

利尿作用を司るのも新陳代謝なので、おしっこの出が悪くなり、身体の活性化・若返り化といったような美容を短眠では保つ事ができないので、よく覚えておいて下さいね!!

女性の医者
逆に睡眠時間が長いと新陳代謝が良くなります!これは人間だけではなく動物にも当てはまるのです!

インスリンに注意

睡眠時間は短いと血液の中にあるインスリンというホルモンは体の働きを保護する「糖物質」をなんと脂肪に変えてしまうのです。糖はエネルギーの源と言われていますが、エネルギーではなく、インスリンが脂肪に変えてしまうのです。

まとめ

img_0
睡眠時間が短いと間接的に体重に影響を与えることが解りましたね!

ホルモンが少量しか分泌されなくなったり新陳代謝が悪化してしまうことは体重増加にもつながりかねませんでの十分に注意してくださいね!

解答者の写真
眠ることはエネルギーを消費することでもあるんです。しっかりと眠ってくださいね!

睡眠と体重についてもっと知りたい方はこちら→太りたくないなら眠りなさい