ぐっすり寝ることのメリット

daki

良質な睡眠を取るための工夫について今回はあなたにお話しして行きたいと思います。

ぐっすり寝ることで人はその日にあった出来事を記憶として保存することが出来るのです。最近物忘れが酷く成っていませんか?

確かに睡眠を取ることで老化を予防・防止したり、皮膚の再生効率を良くすることができます。心身のリフレッシュを図ることができるのですが、睡眠の本質は記憶の整理なのです。

今あなたが意識してこの記事を読んでいると思いますが、実は意識的な作業の約20倍以上早いスピードで無意識は作業しているのです。

あなたが意識していないとことで脳はめちゃくくちゃ早いスピードで情報を処理しているので、その情報を脳に記憶させるために睡眠は必要不可欠なのです。

良質な睡眠を取ることで、頭にも良いことは解りましたね

ではどう寝たら良いのか??

睡眠は脳内物質であるセロトニンが夜になるのとメラトニンに変化することで良質な睡眠を取ることが出来るのです。

セロトニンを分泌させるためには必須アミノ酸が必要なのですが、これは日常生活の食事で簡単にまかなうことができます。

セロトニンを分泌させるためには朝にしっかりと太陽光を浴びる必要性があるのです。

「いや、そんなの知っているよ!!」と思われるかもしれませんが、これは結構重要なのです。

曇っていても朝起きたらカーテンを開けて、しっかりと伸びをしながら太陽光を浴びてください。そうすることで体内時計をリセットすることが出来るのです。

そうすることで良質な睡眠を取ることが出来ます。

自分では寝ているつもりでも途中で起きてしまう、中途覚醒になってしまう人は注意が必要です。人間の睡眠はう7時間がベストだと言われていますが、7時間寝ていてもそれ以上寝ていても、質の悪い睡眠を取り続けてしまうことで

なんと「不眠症」になってしまうのです。

「たくさん寝ているのになんでこんなに日中に眠く成ってしまうのだろう?」とあなたは思っていませんか??

それは睡眠の質が低いからなのです。さらに日頃、ストレスを感じており、それを上手に解消させることが出来ない人も横になってから実際に寝るまでの「入眠時間」が長くなってしまい、寝たい時間に寝ることが出来ない、起きる時間に起きることができない!

といったような症状を感じてしまうでしょう。

なので良質な睡眠をとることは非常に大事なのです