gahag-0005983110-1
あなたは自分に適した睡眠時間を知ってしますか?

「人間は8時間睡眠がベストだ」

いやいや、

「6時間睡眠が良い」

などの睡眠に関してニュースになったりしていますが、

最も良い睡眠時間は人によって異なるのです

中には4時間程度でも良い人もいますし、9時間以上寝なくては力が発揮されない人もいます。

だから基礎知識として

睡眠は人によって異なる!というのを覚えておきましょう

では自分に適した睡眠時間はどうやってみつけることができるのでしょうか?

体調を自覚することで簡単に見つける事が出来る

適切な睡眠時間は

体調を自覚することで見つける事が出来るのです

6時間眠ったときと7時間眠ったとき、

7時間眠った時と8時間眠ったときの

  1. 体調の軽さ
  2. 頭の冴え
  3. 胃・腸の働き

これらの自覚症状をチェックしていきます。

6時間、7時間、8時間それぞれ眠って行き、

順位を付けていきます。

7時間がこの中でベストだとしたら

6時間半、7時間、7時間半

とテストをしていき、

さらにベストな睡眠時間を体感していってください

たくさん眠れば良い!というわけではない

睡眠の難しいところは

8時間睡眠よりも実は5時間寝た方が翌日の体調が良い!

ということもあり得ます。

「8時間以上寝た方が自分適している」と感じていたとしても5時間睡眠の方が

しっくり来る人もいるのです。

だから自分でテストしていく必要があるんですよね。

規則性を守ってテストをしていく

6時間睡眠をテストしてみたら翌日の昼間に眠くなってしまった・・・

こんなことがあっても

翌日の自分の就寝時間以外は寝ないように気をつけてください

働いている方は特に帰宅の電車内で眠ってしまう方もいるのですが

就寝時間以外は眠らないようにしてくださいね。

大切なのは規則性を守って行くことであり、

眠くなったら寝れば良い」わけではありません。

規則性が崩れることをしないことも

快適に眠る秘訣ですからね!

まとめ

自分に適した睡眠時間を見つけていきましょう!

睡眠時間をテストしていってくださいね

就寝時間の規則性を保ちながら、健康的な生活を送って行きましょう^^