gahag-0002071230-1

毎日入るお風呂

睡眠に悩まされている人はお風呂の入り方を工夫したいですよね!

普段なにげなく入っている方も多いかもしれませんが、

やってはいけないお風呂の入り方があるのを知っていますか?

お風呂の入り方を直すだけでも不眠症が克服された例もあるのでしっかりと見て行きましょう

寝る直前は入らない

colum01_1

寝る直前にお風呂に入ってはいけません

お風呂から出て来たばかりですと、
まだ身体の芯部が温まっているために寝付きが悪く成ってしまうのです。

入浴はあなたのいつもの就寝時間の1時間半前には
お風呂から出るように計算しながら入ってくださいね。

お風呂に入った直後はぽかぽかして気持ちがよく、
すぐに寝付く事ができるようなイメージですが、

実際には違うので注意してくださいね。

お風呂の温度は38-39度

あまりに熱いお湯を好きな方も多いのですが、実際は熱すぎるお湯は健康にはよくないんです。

睡眠は交感神経と副交感神経からなる自律神経のうち、

交感神経を鎮め副交感神経を活性化させることでぐっすりと眠る事が出来るのですが、

あまりに
熱いお湯だと緊張やストレスを感じた時と同じように交感神経が活性化してしまいます

これでは横になってからすぐに眠る事はできません。

少し温めのお湯にしっかりと浸かることを意識してくださいね。

睡眠は体の芯部が温まっている状態から冷えて行くことでぐっすり取ることができます。

高い温度だと体の表面は温かくすることができるのですが、芯部まで熱が伝わりません。

さきほど寝る直前にはお風呂は入らないようにする というのも

芯部が温まってから徐々に冷えて行くまでには時間が要するので、お風呂から上がってすぐに寝ることは難しいんです。

芯部を温めるためには熱すぎるお湯ではなくて、38、39度くらい程度のお湯に浸かるのがベストだと言えます。

時間は20分がベスト

ubu
お風呂の温度は38-39度に設定すると良い!と言いましたが、
温める時間は20分がオススメです。

20分前後にすることでじっくりと体の芯部を温めて血行を良くすることができます。

そしてお風呂に上がったら徐々に芯部の温度を低下させることができるのでスムーズに寝る事が出来るでしょう。

もしあなたの寝る時間が午前0時丁度だとしたら、

お風呂に入る時間を22時にし、10分で髪の毛と身体を洗い、20分間38-39度の温度の湯船に浸かる。

そして
22時半にはお風呂から出るようにして残りの1時間半を自由に過ごす

このようなサイクルで平日の仕事からの帰宅後や休日を過ごす事で少しずつ睡眠の質を上げることができます。

また浴槽がない方は少し40-41度くらいのお湯に身体にかけっぱなしにすることで良い効果をもたらすでしょう。

副交感神経を優位にする習慣をつけるためにはしっかりと浴槽に水を貯めて入る事は非常に重要な事です。

どんなに忙しくても週に半分は温めるようにしてくださいね。

好きな香りを湯船に浮かべてリラックス

kaoir

アロマテラピーとしてあなたが好きな香りを湯船に浮かべることで

リラックスすることもできますし、ストレスを緩和させることができます。

特にリラックスに効果があるのは

  1. カモミール
  2. ラベンダー
  3. クラリセージ
  4. スイートオレンジ
  5. ラベンダー

photo0000-2113

アロマテラピーには

  1. 生理不順
  2. 健康回復
  3. ニキビ予防
  4. メンタルの疲れの除去
  5. 頭痛の緩和
  6. 免疫力の増加

などなど、心と体の不調を改善させる効果があります。

アロマテラピーの効果はまとめるとリラックス効果です。

リラックスさせることで睡眠の質も改善され、結果的に心と体の不調を改善させる効果があるんですよね。

アロマエッセンシャルオイルを数摘湯船に落とすだけで心地の良い香りを楽しむことができるはずです。

まとめ

  1. 寝る直前は入らない
  2. 温度の高い湯船には浸からない
  3. お風呂に入る時間は20分にする

お風呂の入り方ひとつで寝付きの違いを感じることができるはず!

体と心に適したお風呂の入り方をしてくださいね^^