それはなぜなのか?

syokugo
よく食事は就寝時間の3時間前までに済ませるのが良い!と聞きますがそれはなぜなのか?あなたは知っていますか?

その理由は胃腸の働きにあります。

睡眠はそもそも身体を休める効果があるのですが、そのときに胃腸に入った食べ物の消化吸収が終わっていないと胃腸は活動していないといけません。

胃腸を操作しているのは脳みそなので脳は起きていないといけないということになりますよね。

そうすると自分では寝ているつもりでも身体は寝つけることができなく、睡眠の質が低下してしまうというわけです。

その消化吸収にかかる時間が約3時間なので、就寝の前の3時間以内に食事を済ませるのが良い!ということなのですね。

  • また夕食後にすぐに歯磨きをして寝る前はしない!
  • 消化の良い食べ物を好んで食べる!

これらも快眠のコツだと言えますね。

どんな食事が消化に良いのか?

3時間以内に食事を済ませるのが良い!ということなのですが、では一体どんな夕食にすれば良いのでしょうか?

  • 魚の白身
  • うどんやおかゆ
  • 辛み成分が入っていない温かい料理
  • 葉野菜
  • 焼き魚などの調理が簡単でかつ素材の味を楽しめるもの
  • 味が薄いもの

これらの料理は総体的に見て、消化が良いと言われているもので消化吸収がスムーズになるのでおすすめです。

消化に悪い料理は?

  • お肉類
  • 乳製品
  • ラーメンなどの味が濃いもの
  • 唐揚げや天ぷら
  • 冷たいもの
  • 生もの

これらの料理は消化が悪いために、食後3時間後に就寝ではなくて、4時間ー4時間半くらい待ってから寝るようにしてください。

消化吸収に悪いと胃腸がストレスが溜まり活動が停滞する事がある!ということを忘れないようにしてくださいね。

また快眠の方法としてキャベツをたくさん食べると良い!という噂を耳にしました。

これが民間療法なのか、それとも科学的な効果が立証されているのか?について

深層が解り次第あなたに情報を提供できたらな!と思います。

食後3時間以内は寝てはいけない
消化の良い食べ物を理解する
消化の悪い食べ物を理解する

しっかりと生活リズムや食生活を整えるだけであなたの睡眠の質は徐々に向上して行くはずですよ。

もし不眠に悩んでいるという方はまずはあなたの改善点を見つけることから始めて見てくださいね。

帰宅時間が遅い日はどうしたら良いのですか?

いつもは深夜0時に就寝するのですが、残業などで帰宅時間が23時の時がある場合はどうしたら良いでしょうか?

帰宅が遅く成ることがあらかじめ解っている場合は、17時くらいに軽めの食事を取る事をお勧めします。

コンビニのおにぎりなど簡単に素早く出来る食事をしてから帰宅後にあっさりと先ほど紹介したような消化の良い食べ物を食べる!

というのが睡眠にはベストです。どうしても会社から帰って来たあとにがっつりとお腹が満たされるまで食べたく成ってしまうのですが、

そうではなく、「食事の分業」をすることをおすすめします。

胃袋が軽い状態で寝るように心がけてくださいね

⇨おすすめの睡眠サプリはこちら