吸ってはイケナイのか?

白い花
現代社会においてストレスの発散するためにタバコを吸っている方は多いと思います。

近年禁煙ブームとなっていますが、喫煙者の数はこれからの一定数は確保されるでしょう。

タバコと睡眠について今回は簡単にお話していきたいと思うのですが、やはり喫煙をしている人の睡眠の質は吸っていない人と比べると悪いと言わざるをえません。

これにはきちんとした理由があるのです。

タバコが絶対悪だ!という言ってはいません。タバコ悪の風潮のもと、実は健康に良い!という側面も徐々にですが見つかっている事も確かです。

どの情報が間違っているのか?そして正しいのか?先入観なく、この記事では御伝えしていきます。

ニコチンはやはり・・・

stock-photos
タバコが有害だと言われる根拠としてその主成分であるニコチンが関係しているのではないでしょうか?

ニコチンが健康に良いかは別として、睡眠にはどのように影響を及ぼしているのでしょうか。

ニコチンを摂取する事で精神的に安定するという方はいるのですが、タバコに含まれるニコチンは

自律神経のバランスを崩してしまう効果があります。

自律神経は交感神経と副交感神経の2種類から成り立っており、そのうちのどちらかが優位に働く事で健康は保たれるのです。

睡眠を取る際は副交感神経が優位に働いていなければならないのですが、

このニコチンはこの両方の神経を刺激してしまうので相互のバランスが取りにくく成ってしまうことになります。

寝たい!と思って就寝前に一服をしてしまうと交感神経も刺激されるのでなかなか寝付くことができなくなってしまうでしょう。

寝る前の1時間は絶対に吸わない

タバコは睡眠の悪影響を及ぼすということは理解されたと思います。

しかし、どうしても禁煙する事はできない!という方はいますよね。

その人のために御伝えしたいのは、寝る1時間前からは絶対に吸ってはいけないということです。

普段から本数は減らす努力をしてほしいのですが、無理!という方は就寝前の付近になったら吸わないようにしましょう。

また自分は喫煙者ではないけれども同居人が喫煙者である場合は自分が寝る時間帯を伝え、その時間帯から1時間前からは吸わないように協力してもらうようにしてくださいね。

副流煙でもタバコは睡眠に害をもたらせますので注意してくださいね。

睡眠の質を低下させる恐れがある
なるべく吸わないようにする
寝る1時間前からは吸わない