ubnauw

医師に頼るなら出来れば腕の良い医師にみてもらいたいですよね。

今回はダメな睡眠外来の見分け方についてお伝えしていきます

ポイントを抑えてみてくださいね!

専門用語をたくさん話す

専門的な言葉は一般の人には全く理解できません。

医学の専門用語はたくさんありますし、カタカナ語を覚えてるのも一苦労

良い医師ほど、患者さんに伝えるためにわかりやすい言葉で話してくれます。

医師が伝えたいことを

伝える ことと
伝わる こと

この2つは似ているようで全く異なりますからね。

伝えるだけなら誰でもできますが、
正しくそれが伝わらないと結果的にミスマッチを引き起こしかねません

基本的な態度ができていない

まず、診察室に入ったら時に医師の体の向きに注目してみてください。

机に向かっているのか、それとも患者の方をしっかりと向いているのか?

医師が指示し、スタッフに誘導されて診察室に入ったのにも関わらず、

患者の方を向いておらず準備ができていないのであれば、

基本的な態度ができていないといえます。

また問診をしているときに足を組んでいるのは最悪ですよね>< しっかりとしたヒアリング能力がないのであれば、
それに見合った治療はできません

医学の発展によって、科学技術の発展によって

検査の精密度はかなり上がっており、その「技術」の進歩によって

今、医師に求められるのはコミュニケーション能力

どんな状態なのかを聞き患者の特性にあった薬や治療をやっておかなければいけません。

コミュニケーションの元となる「態度」ができていない医師は

確かに専門的な知識はあるかもしれませんが、患者さんが納得し安心した治療を提案することは難しいといえます。

特に睡眠はメンタル的な部分のバランスを崩してしまっている可能性もあるために
患者と向き合うことができない医師は睡眠外来医師としては心もとないです

医師ではなく受付の人が無愛想な病院も良くないですよね。

スタッフのマネージメントの医者の仕事

病院スタッフのマネージメント・管理も医師の仕事です。

診察だけして処方箋を出すだけで良い、 と考えている医師は良いとはいえません。

またスタッフの人数が少なくて忙しそうにしているスタッフがいるのであれば

患者ひとりひとりにしっかりと向き合ってはいないといえるでしょう

HPに医師のプロフィールがしっかりと載せられていない

ほとんどの病院はホームページを持っており、そこにはしっかりと担当の医師が記載されています。

ただなかには医師の紹介文やプロフィールを書いていない病院もありますよね。

病院に行ったときに良いお医者さんに当たればよいですが、

もしそうじゃなかったら健康・命に関わることなので、いろんな意味で損をしてしまう危険性があります。

しっかりとプロフィールを記載することで

  • 病院側のメリットは権威性をアピールすることができ、安心感を持ってもらえる
  • 患者側のメリットは事前に医師を選ぶことができ、また安心感を持てる

双方にメリットがあります。

病院を選ぶ基準は様々ですが、

ただ家から近い睡眠外来病院と少し遠いけどしっかりと患者と向き合ってくれる睡眠外来病院

どちらを選びますか?

クチコミは当てになるのか?

病院のホームページや、どこかのクチコミサイトで病院に対してのクチコミが記載されていると思います。

ただこのクチコミにかんして気をつけなくてはいけないことがあるのです。

それは
本当のクチコミではない可能性があります

もちろん実際に来院した患者さんが書いていることもあるのですが、

どこかの業者が勝手に書いていることもありますし、

病院の内部の人間が書いている可能性もあります。

なのでクチコミが良すぎるのは少し不安を持ってよいと思います。

出来れば過去のクチコミを見て、投稿者がいろいろ指摘している部分が

日付が新しいクチコミでそれらが改善されているようなら信頼できるはずです。

どのようなクチコミがなされているか、病院もしっかりと把握しているはずなので、

来院者からの評価・評判を真摯に受け止めて改善・改良していく姿勢が求められますね

スタッフが少ない

スタッフが少なすぎる睡眠外来は良い!とはいえません。

医師とスタッフの2人3脚の病院は経営がうまくいなっていない可能性があります、

スタッフの経費を支払うことができないくらい経営状態が悪いのは

患者の立場からしてみると、不安を感じてしまうでしょう。

適度なスタッフの人数、適度な医師の数の病院が良いですね

患者が多すぎる病院は良いのか?

繁盛している病院

医師の診察をたくさんの患者が待っている病院

私の近所にもこういう病院があるのですが、

これも良い!とはいえないと私は思います。

私の近所にあるその病院は睡眠外来ではないですが、

とにかく薬を処方するのです。

風邪薬を処方され、
「2週間後にまた来てください」と言われ、治ったのにも関わらずまた薬を処方される

別に薬をもらいにきているわけではないのに、とにかく出されてしまうのです。

これは私だけではなく患者すべてにこのような対応を取っています。

もちろん、医師の腕が良くて評判になり繁盛している可能性もあるのですが、

この病院の医師は
さきほどの「コミュニケーション能力」があるわけではなく、
ただ薬を処方しリピートさせているだけ

この例から

患者がたくさん来ているから良いわけではない
ことがわかりますよね。

2ヶ月分以上の薬を処方する

法律で薬は90日間分を処方することができます。

しかし90日分処方して飲んで、
それが合わなかった場合はどうなると思いますか?

私は薬は2週間づつ処方するべきだと思っています。

2週間分を服用してみて、どうなるのか?

観察するのです。

1ヶ月だと多いと感じますし、
2ヶ月分以上一気に処方するお医者さんは「薬物治療信者」なのではないか?と疑ってしまいます。

まとめ

  1. 専門用語をたくさん話す
  2. 基本的な態度ができていない
  3. HPに医師のプロフィールがしっかりと載せられていない
  4. スタッフが少ない
  5. 2ヶ月分以上の薬を処方する