j5ykioujhygfd

睡眠の大敵と成るブルーライト

携帯・パソコン・テレビから発せられるブルーライトを浴びる事は

睡眠の質が低下していきます。

4-02-36

出典:http://blue-light.biz/about_bluelight/

ブルーライトは睡眠の大敵であることは有名ですよね。

光を目で吸収することができず、脳にまで光を送ってしまうので

夜にブルーライトを浴びると

「朝がきた」と脳が勝手に理解してしまうので覚醒状態になろうとします。

やっとリラックスできる!と体は眠りのための準備を始めたところでこのような刺激を感知すると寝れなくなったしまうのです。

朝・昼なら浴びてもよい

ブルーライトに関する研究はそれほど進んでいないというのが現状です。

ブルーライト自体が体に悪影響を及ぼすかははっきりとは解ってはいませんが、

ブルーライト=強い光と解釈するなら

朝・昼は浴びても問題はありません。

太陽光の光をなかなか浴びることができない方はブルーライトを浴びることで
脳がセロトニンの分泌を促進してくれる効果があるのです

朝日を浴びる効果がある

朝にブルーライトを浴びることで朝日と同じくらいの効果が望むことができます。

人はなぜ朝日を浴びるべきなのか?知っていますか?

人間の生活リズムというのは「25時間に設定されている」のです。

1日は24時間ですが体内時計(これをサーカディアンリズムという)は25時間のために1時間誤差が生じてしまいますよね。

それを朝日を浴びることでリセットしてくれます。

朝日を浴びていないと1日に1時間ずつ寝る時間と起きる時間がズレていってしまうのです。
それを整える効果があります。

不眠症で悩んでいる人は朝しっかりと光を浴びる

不眠症で悩んでいる方は朝に光を浴びていない傾向にあります。

なので体内時計が狂ってしまい、結果的に夜になっても眠いと感じず結果的に寝れません。

不眠症の方は朝に光を浴びることを意識してください。

ブルーライトでもよいですし、私はディスクにスタンドを置いて

朝起きたらそのスタンドにスイッチをオンにして部屋を明るくしています。

部屋の光+スタンドの光+太陽の光

この3つの光を浴びることでしっかりと体内時計を元に戻すことができるはずです。