今回は快眠の方法について簡単にお伝えしていきたいと思いますので参考にしてみてくださいね

脳波を切り替えること

人間は普段起きているときは「アルファ」という脳波を出しているのですが寝ているときは「β」という脳波に切り替わるのです。

このβ脳波を効率良く出させ、快眠の方法としては自分がリラックスする必要が在ります。

このβ脳波を出しやすくすることができる音声は上に上げておきましたので、聞いた見てくださいね!

トリプトファンを摂取する

himarayakusuri
トリプトファンという成分をあなたは知っていますか??これは必須アミノ酸でなのです。

しかし、このトリプトファンは脳内で新たに創り出すことができないので食べ物で摂取する必要が在ります。

このトリプトファンを摂取するとセロトニンという物質に代わりそれが夜に成るとメラトニンという物質に変化します。

このメラトニンの分泌量が少ないと睡眠障害であったり精神的に不安定になり鬱病や社会不安障害を患ってしまうようになるのです。

快眠の方法のひとつとしてまずはトリプトファンを摂取することを意識してみてください。

関連記事はこちら→トリプトファンを含む食物とは

朝に太陽を浴びることで効率よくトリプトファンをセロトニンに変化させることができますよ

一定の睡眠を取る

一定の時間に一定の分量だけ睡眠を取ることで人間は睡眠のリズムを作ることが出来るのです。

人間の体内時計をしっかりと調整させることは快眠の方法として一番ベストなのですが、実は人間の体内時計は25時間なのです。

あなたがもし時計を見ないで好きなときに寝て、好きなときに起きる生活を続けてしまうとだんだんと寝る時間と起きる時間が1時間ずつずれて行ってしまいます。

そこでしっかりと睡眠の時間を一定にさせることが出来れば、25時間の体内時計を24時間に戻すことが出来るのです。

一定の時間に一定の睡眠を取ることは快眠の方法として非常に有効なのですよ。