睡眠障害の1種

Tired sleepy woman

熟睡困難はれっきとした睡眠障害の1つの症状です。

人間はレム、とノンレム睡眠という「浅い」と「深い」を繰り返すのですが、ノンレム睡眠という深い睡眠を取る事が出来ないと熟睡困難となり、

日中に眠く成ってしまう・食欲が不振になる・精神的に安定しないといった症状が出てきます。

人間の3大欲求である睡眠が不安定になると様々な病気にかかりやすくなり、仕事や勉強の分野での生産量が下がり非効率的なものになってしまうのです。

では熟睡困難になってしまう主な原因を見て行きましょう

原因はさまざまになる

ibiki
熟睡困難を改善させるときに日常生活をまずは基本ですが見直す必要が在ります

  • しっかりと運動をして身体を動かしているか?
  • 食事のバランスは取れているか?
  • 生活リズムは狂っていないか?例え狂っていたとしても朝日を浴びているか?

これらは基本で当たり前ですが、なかなか守る事は難しいですよね。

平日はあまり寝れないために、休日に「寝だめ」する方も多いかと思いますが、医学的には「寝だめ」の根拠は残念ながらありませんし、寝すぎてしまうとその日の睡眠の質が大幅に損なわれてしまうのです。

寝すぎても1日7時間をキープすると良いでしょう。

さらに重要なのはしっかりと朝日を浴びるという事です。

朝日を浴びる事で精神を安定させるセロトニンが分泌されます。このセロトニンが夜に成ると睡眠ホルモンであるメラトニンに変化するのですが、

これが人を深い睡眠に導くのです。最初のセロトニンの分泌量が少ないと熟睡困難となり長時間寝ても寝た気分にはありませんし、体力は元通りになりません。

  • 金縛りにあったことがある
  • 歯ぎしりを指摘されたことがある
  • 朝起きたときに、なんだか寝た気になっていない
  • 自律神経のバランスが良くない
  • よく夢をみる・そして夢の内容を覚えている

と熟睡困難にあなたは知らず知らずのうちになっているかもしれません。

自律神経が人を覚醒させたり、脳を沈静化させて睡眠を導くのですがこのバランスが崩れていると熟睡困難はもちろん、入眠障害を引き起こす可能性も高いです。

ではどうすれば良いのか??

  • 病院に行き、薬を処方してもらう
  • サプリメントでセロトニンを補給する
  • 牛乳やセロリを摂取する
  • 枕を自分のサイズに合わせるなどの環境を改善する
  • 朝に少しでも太陽光を浴びる

ことで熟睡困難は徐々に解決されるでしょう。
関連記事→入眠時幻覚の危険性とは?あなたはこんな症状に悩まされていませんか??