iniu

アメリカの研究によって2時間睡眠不足だと自動車事故のリスクが非常に高まることがわかりました。

米高速道路交通安全局(NHTSA)が2005~07年、
午前6時から深夜0時までの時間帯に発生した交通事故4571件の原因について、

ドライバー7234人を対象に実施した調査のデータを、全米自動車協会(AAA)交通安全財団が改めて分析した。

事故前の24時間にドライバーがどれだけ睡眠を取っていたかによって分類したところ、

適切な睡眠時間とされている7時間超に比べて、
4時間未満しか眠っていないと事故発生率は11.5倍、4~5時間だと4.3倍に跳ね上がった。

さらに5~6時間眠っていても事故は1.9倍、6~7時間で1.3倍に増えることが分かった。

研究を率いた同財団のブライアン・テフト氏は、推奨される睡眠時間を1時間下回っただけで、
これほどはっきりとした差が出たのは意外な結果だと指摘する。

また4~5時間の睡眠で危険性が4倍以上になるという変化は、飲酒による事故発生率の変化に相当するという。

出典:Yahoo!ニュース「2時間の睡眠不足、自動車事故のリスク倍増 米研究」

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161207-35093335-cnn-int

閲覧日:12月7日 2016年

ネットの声

21-23-20

確かに好きで睡眠不足になっている人は少ないですよね。

長時間労働を強いられていると、なかなか熟睡することができずに結果的に

睡眠不足の状態で車を運転するようになります。

飲酒運転のときと同じくらい危険性が高いことが解ったと思いますが、

なかなかこの問題を解決するのは難しいですよね。

注意不足になっていると自覚出来ない

睡眠不足になると脳の機能が低下しますが

どれくらい低下しているのか?
自分では自覚するのが難しいんです

はっきりとどれくらい低下しているのか、自分では把握できないために

「自分は大丈夫」と思い、結果的に事故に繋がってしまうのです。

まだまだ大丈夫
自分は運転に慣れているから大丈夫
これまで事故を起こしていない、起こしてしまう人は運転が下手だから

と思っていると取り返しのつかない事故に襲われる危険性があります

ハインリッヒの法則

1件の重大な事故・災害(=重傷者が出る程)は
29件の軽微な事故・災害(=軽傷者が出る程)から成り立っており、
29件の軽微な事故・災害は300件のヒヤリ・ハット(=怪我人は出ないものの、ヒヤリとした出来事)から成り立っている

交通事故を起こしてしまう人は限られていますが、

29件の軽微な事故・災害、300件のヒヤリ・ハットを経験したことがある方はいるのではないでしょうか?

「危なかった」
「もう少しで事故に繋がるところだった」

経験をしていると、重大な1件の事故・災害に見舞われる可能性があるのでしょう。

ハインリッヒの法則はあくまでも統計学のものなので
なかには、29件の軽微な事故・災害を経験しないで

1件の重大な事故・災害を引き起こしてしまう方もいます

時には止めて仮眠を取ることも大切

仕事中に「車を止めて仮眠を取る」ことは難しいかもしれません。

しかし交通事故を引き起こしてしまったときには
多大なる損害が生じます。

会社が損害賠償を払うこともありますし、事故を起こしてしまった人への社会的な制裁もあるのでしょう。

それを考慮すると、

疲れが溜まっているときには、車を一旦止めて休憩なり仮眠なりすることが大切です。

頭がぼーっとした状態では良い運転はできません。

事故に伴い被害者がいると、その分だけ失うものが多いですからね。
無実な人を巻き込んでしまうだけで、自分の人生、人の人生を終わらせてしまうでしょう。

短眠も自分は大丈夫と思わない

睡眠時間が短くても自分は大丈夫
寝不足でも、それには慣れているから問題

と思わないことです。

過信しないでしっかりと頭が働く時間帯・コンディションのときに車を運転するようにしてくださいね。

事故で怪我をするのは自分だけではありません。

1_002
(出典:平成27年度交通白書より)

交通事故は確かに年々減ってきています。

しかし0ではありません。

自分は大丈夫!と思わないで睡眠不足だと感じる場合はそれなりの対処が必要だといえるでしょう!

交通のルールを守りながら車を運転して行くべきですね