ロヒプノールを睡眠薬として病院から処方されている方はこのページをみることをお勧めします。今回はこの薬の「副作用」についてご紹介致しますね!

どんな症状が出るのか??

1124008F2039_001
ロヒプノールは筋弛緩な作用があります。筋弛緩とは人間の細胞・筋肉・神経の働きを弱めることで自然なカタチで睡眠に誘導する作用です。

しかし、薬を飲んでも寝付けない・短眠などが原因で筋弛緩作用が働き、

  • だるい
  • 体が重いような感覚がする
  • やる気が起きない

と言った副作用を感じることがあります。

他の睡眠薬と比べるとロヒプノールは副作用がない!と言われるくらい安全です。

しかし、

  • 肺に病気がある
  • アレルギー持ちである
  • 気管支ぜんそくを患っている
  • 他の薬との混合

 
によって思いもしない、「結果」を招くことがあります。

どんな結果を引き起こすのか?

4067f0f12edd3f3712f194635af0732f
寝付きが悪くなることはもちろん、

  • 鬱病
  • そう病
  • 体の痙攣
  • 不整脈
  • 栄養素が吸収されにくくなり、太ったり痩せたりの繰り返し
  • 歩行困難

最悪の場合、上記のような結果になってしまうことがリスクとして上げられます。 

繰り返しになりますが、ロヒプノールは睡眠薬の中でも安全で副作用があまりないと言われている薬です。しかし他の薬との掛け合わせや他の病気を併発していると薬本来の効果を期待できないどころか、マイナスに作用してしまうことがあるので、十分取り扱いには注意してくださいね!

解答者の写真
医師の診断のもと、正しく服用することで副作用を防ぐことはできます!なので用法・用量はきちんと守ってくださいね!