今回はショートスリーパーになるためのポイントを御伝えして行きたいと思います!

  • たくさん寝すぎてしまう
  • 睡眠をとっているのに日中睡魔が襲って来る
  • 忙しくてなかなか寝る時間がない
  • 寝ても寝ても足りずに頭がぼうっとしてしまう

こんな方はしっかりこの記事を読んでくださいね。

まずはしっかりとエネルギーを消費することが大事

すやすや

まずは寝る前までにしっかりと身体を疲れされる必要がありますよね。

これは非常に大事なポイントで睡眠はその日の疲れを取る効果があるのですが、

疲れさせることにより脳と身体のふたつが「休息」を取りたい!と本能的に思うために寝た時に上質な睡眠を取る事が出来るでしょう。

睡眠の質が低いとたくさん寝ても寝たり無いと感じます。ショートスリーパーに成るためには少ない時間でも質の高い睡眠を取る事がキーポイントとなるでしょう

また寝る時間の直前に運動はしてはなりません。

どうしてかというと運動したり身体を動かすことで自律神経の交感神経が活性化し、心拍数があがるので眠ることはできません。

交感神経を鎮め、人をリラックスさせる副交感神経を高める必要があ

脳波を切り替えるためにリラックスを心得る

人間が睡眠するときは起きている時の脳波とは異なるものが働くのですが、そのためにはリラックスする必要があるのです。

寝るためには先ほども出て来た自律神経の副交感神経を高めることが重要で、

この脳波の切り替えが上手に早くできないと寝るまでに要する時間が長いために質の高い睡眠を取る事が出来ません。

1日に何十時間も寝てしまう人は総じて横になってから実際に寝るまでの入眠時間が長く、横になってたら1時間以上掛かる人は特に注意が必要なのですね。

ショートスピーパーになるためには入眠時間を短縮させることがマスト条件です。

もしあなたが実際に横になってから1時間以上掛かっているのであれば、

それを50分短縮させるだけで普段よりも50分多く寝る事が出来るのでその分休息することができます。

寝る前に牛乳を飲むと良いと言われていますが、暖かい牛乳を摂取する事で脳波がリラックスモードに切り替わりやすく身体も温まるために入眠時間を短縮させることができるというわけです。

食生活を整えることを意識!

食生活を整えることは健康的な生活を送るためには必要なことですし病気の予防にもなるのですが、実はショートスリーパーのほとんどは食生活がしっかりと整っているのです。

肉類は消化吸収するためには時間がかかり、消化する際には悪玉ガスを発生させるために胃腸の調子が悪くなることがあります。

胃腸の調子が整っていないと、整っている時よりも消化吸収する際に多くのエネルギーを要し、また時間がかかるために身体に負担が掛かってしまうのです。

食べた後すぐ寝ることが悪いのは、胃の中にまだ食べ物が残っている状態で寝てしまうと寝ながらも胃腸は働かなくてはいけないためにしっかりと睡眠を取る事が出来ずに、浅い睡眠となります。

また脳内物質のセロトニンはトリプトファンから作られるのですが、このトリプトファンは必須アミノ酸で体内で生成することができないために食べ物から摂取する必要がありますね。

食生活が乱れていると必須アミノ酸もそうですが、身体でも生成することができる非必須アミノ酸も創り出す事ができなくなるために浅い睡眠になる恐れがあります。

⇨おすすめの睡眠サプリはこちら